令和3年度10月度例会(2021年10月18日)

令和3年10月18日(月)令和3年度10月度例会が地域活性化委員会の企画・運営のもと開催されました。

当初は集合開催にて実機を用いての体験型例会を予定おりましたが、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言下の為、全面Zoomでの開催となりました。

今回の例会では、「エレクトロニック・スポーツ」通称eスポーツを知り、理解することで地域活性化の可能性を知ることが目的となっており、二章構成にて行われました。

第一章では一般社団法人 三重県eスポーツ連合 理事 野呂 京志氏をお招きし、「eスポーツってなに??」というタイトルで動画やクイズを交えながらeスポーツの概要、国内外での市場規模などをわかりやすく解説して頂きました。

第二章では「鈴鹿らしいeスポーツを考える!」というテーマで鈴鹿市地域資源活用課 観光・モータースポーツ振興グループより後藤 幹雄氏も参加しての対談となりました。鈴鹿の「モータースポーツのまち」としての強みを活かして、鈴鹿市をPRしていくためにeスポーツを活用した今までのモータースポーツ層とは違った層を取り込んでいくといった興味深いお話を聞くことができました。

地域活性化委員会の木下委員長を含めた対談形式で進行し、動画などを有効に活用していたため体験はできなくとも参加者が楽しく興味を持って参加ができたと思います。今後青年部としても鈴鹿市の新たなPR方法について考えるとても有意義な例会となりました。
(総務広報委員会 三舩)

2021-10-18 (8)_r

2021-10-18 (14)_r


2021-10-18 (28)_r

2021-10-18 (31)_r